チャコスタ

本来の名前は「チャコールスターター」や「チムニースターター」と呼ばれていて直訳すると火起こし器。機能としてはそのまま火をおこす時に使います。「火なんて着火剤や新聞紙でいいんじゃない?」とお思いの方も多いかもしれませんが、バーベキューをやる人にとってこれほど手放せないアイテムはありません。アウトドアグッズ先進国ではバーベキュー三種の神器の一つに数えられます。コンロに並んでですよ!その重要性がうかがい知れます。

構造はシンプルで最下部に火元を燃やすスペースを確保して、その上に通気性の良い網などが置かれて、その網の上に炭を置けるスペースがあります。とてもシンプルな形ですがこの円柱、三・四角柱の構造が「煙突効果」と呼ばれる暖かい空気が上に行く仕組みを利用して、熱を炭にまんべんなく伝えつつ、下から空気(酸素)を取り込み、まるで真下からうちわで扇ぎ続けるような効果を得る事ができます。

選ぶポイントはいくつかありますが、一つは収納性でコンパクトに折りたためることで移動時や収納時の嵩張りを軽減してくれます。もしくは反対に嵩張る状態になってしまいますが、もう一つの三種の神器である「火消し壷」の機能も持ち合わせる商品もあります。もし火消し壷も購入する予定があるようでしたら、火消し壷だけでも嵩張ってしまうので日起こし器の機能も持っているタイプであれば一挙両得です。

ぺったんこに畳める優れもの!

煙突効果を効率よく得て使い勝手も最高なのに、使わない時にはこんなにも「ぺったんこ」!少しでも持ち物を減らしたいバーベキューユーザーの強い味方です。

PAGE TOP